会社案内

「環境保全」と「産業発展」、2つのテーマに挑む。

株式会社アイザックの主要事業は、「環境関連事業」と「パッケージ事業」が大きな柱となっています。
環境関連事業においては産業廃棄物の収集から中間処理・リサイクル、最終処分にいたる各工程をアイザックグループで一貫して対応。次世代型焼却炉を備える「エネルギーセンター」では、環境負荷を軽減しながら安全・安心な産業廃棄物の処理に努めています。一方、パッケージ事業では一般的なダンボール生産に加え、お客様のニーズに応じたさまざまな「機能性ダンボール」を開発。耐久性・耐水性・保冷性などの高機能・高付加価値を加えた機能性段ボールの分野では全国生産の約3割という大きなシェアを占めています。 いずれもアイザックの進取の精神に基づき、時代のニーズに的確に応えられる事業展開を進めています。

環境関連事業 パッケージ事業

社風・伝統

アイザックなら若さや前向きさを思い切り表現できる。

前向きにチャレンジする姿勢を重んじるのがアイザックの社風。
独自の「職能資格制度」や「目標管理制度」のもと、能力を発揮できる職場の中で働き、
社内行事やクラブ・サークル活動では思う存分楽しむ。
あなたが主体的に関われば関わるほど、生き生きと活躍できる環境となっていきます。

  1. 新しいことにチャレンジする精神

    アイザックは社員の平均年齢が30代半ばという“若さ”のある会社。
    誰でも新しいことに積極的にチャレンジできます。

  2. 成果・実力を分け隔てなく評価

    社内には独自の「職能資格制度」を導入し、年齢、性別などを問わず成果・実力による評価が行われています。
    また管理職と営業職社員には「目標管理制度」が適用されます。
    常に自身の仕事内容が問われる厳しさはありますが、その分やりがいや達成感も感じられます。

  3. 精いっぱい働き、精いっぱい遊ぶ

    私たちのモットーは、“精いっぱい働き精いっぱい遊ぶ”こと。2年に1度の社員旅行やソフトボール大会、運動会、ボーリング大会など、アイザックグループが一同に集まるイベントも数多く行っており、社員同士の親睦を深めています。またクラブ・サークルも条件さえそろえば自由に仲間を集めて楽しく活動することができます。